MENU

車の下取り価格を高くするポイント

下取りと買取は、よく比較される傾向があります。どちらも車の売却手続きを行う事にはなりますから、確かにその2つはよく似ているでしょう。
それでその2つの手段は、数字が比較される傾向があるのです。どちらが高く売れるか、気になる事もあるでしょう。

 

一般的には買取の方が高くなりやすい

まず結論を申し上げると、全体的に買取りの方が高くなる確率は高めと言えます。したがって高く売りたいという目的だけを考慮するなら、下取りよりは買取りの方が良いとも言えます。
例えば全く同じ車を、ディーラー店にて提示してみたとします。その際にお店から提示された金額は、45万前後だったとします。それに対して買取店の場合は、55万円台といった具合です。もちろん価格だけにこだわるなら、やはり買取店の方が望ましいと言えるでしょう。

 

ディーラーは売却ノウハウに詳しいとは限らない

なぜ上記でも触れた差が生じるかと言うと、知識量に関する点が挙げられます。
そもそも売却金額は、全般的に知識量に左右される傾向があるのです。やはり知識が多い店舗では、それなりに車の金額も高くなる傾向があります。
ところでディーラー店などは、必ずしも売却に関するノウハウが多いとは限りません。と言うのもディーラー店の場合、販売をする上でのノウハウには長けている傾向があります。
実際ディーラーによるサービスは、それなりに充実している傾向はあるのです。
しかし車を売却するノウハウとなると、話が若干異なってきます。販売ノウハウは多くても、売却ノウハウはやや少なめな傾向があるのです。それゆえに、上記のような差が生じる事になります。

 

買取店はノウハウが多い

それに対して買取専門店の場合は、やはりノウハウ量に関する知識はかなり期待できます。何せディーラー店と違って、毎日のように買取手続きを行っているのです。
知識量が必然的に豊富になりますから、ディーラーよりは買取価格が高くなる傾向があります。
またコネに関する問題もあるのです。特定の業者と強いコネを持っていて、かなり高く売却できる事もあるのです。

 

ディーラーでも高く売れる事はある

しかし、やはり何事も例外はあります。ディーラー店でも、状況によっては買取店より高く売れるケースもあるからです。
そもそもディーラー店としても、何とかして車の在庫を増やしたいと思っている事はあります。やはり中古車でも、在庫を増やしておくに越した事は無いからです。それで在庫重視となると、多少高めな金額を出しても問題無いと思うディーラー店も多々見られます。それで買取専門店より、若干金額が高くなる事もあるのです。
またディーラー店は、実は特定の買取店と強いコネを持っている事があるのです。その兼ね合いにより、一部のディーラー店では、かなり車が高く売れるケースもあります。
つまりディーラー店でも、たまに車が高く売れる事はあるのです。それを考えると、やはり車を少しでも高く売りたいと考えるなら、両方で査定を受ける方が良いでしょう。買取専門店だけでなく、ディーラー店とも比較をした上で、どちらか高い方に売却するのが良い訳です。

 

 

車下取りと買取の違いについて

ディーラーと買取店は、比較されるケースが大変多いです。金額に関する事柄を比べられるケースは目立ちますが、それ以上にシステム面に関する違いが着目される事があります。

 

買取店では基本的には買取りだけをする

まず後者の買取専門店ですが、「専門」という名称が付いている事からも分かるように、基本的には買取りだけを行う事になります。車の販売を行っていない業者などは、かなり数多いです。
ただし、たまに例外的な会社もあるのです。中古車ショップなどでも買取を行っていますが、そこでは一応車も販売しているでしょう。お店によっては、販売を兼務している事もあるのです。
しかし買取という表現が使われた時には、基本的には売却をする事だけを指します。車を購入するというニュアンスは含まれない訳です。

 

売却と購入を同時に行う下取り

それに対して下取りの場合は、事情は少々異なってきます。原則として、購入を行う事が前提になるからです。
例えばある方は、車Aを保有しているとします。ところがそれがだんだんと古くなってきたので、ちょっと買い替えをしたいと思う事もあるのです。Aではなく、Bという車にチェンジしたい訳です。
そういう時に下取りが行われる事になります。それで下取り時には、原則として現在保有しているAという車は、ディーラー店に売却をする事になります。それで新しくBという車を購入する訳です。
買取店では、この購入手続きが行われていません。あくまでもAを売却する手続きだけを行い、必ずしもBは購入されないでしょう。売却と購入を同時に行うのが、いわゆる下取りに該当する訳です。

 

購入金額から売却額を差し引く

それともう1つ特徴があって、金額の引き算が生じる事になります。もう一度上記のAとBの例に戻りますが、例えばBの購入金額が160万円だとします。しかし実際にディーラー店に支払うお金は、160ではありません。Aの売却金額を差し引くことになるのです。
したがってAの売却額が30万の時には、差し引き分の130万をディーラーに払う事になります。もちろん売却額が40万ならば、120万を払う事になるでしょう。こういった引き算が行われるのが、下取りの特徴と言えます。

 

手間の大きさに関する違い

他にも違いがあります。その2つは、手間の大きさに関する差があるのです。
そもそも買取専門店で車を売却した時には、また別のお店で車の購入手続きを行うケースがあります。Cというお店で売却して、Dというお店で購入する事があるでしょう。それはやや手間が大きいのです。
ところがディーラー店での下取りとなると、1社で両方を行う事になります。わざわざ2つのお店のお世話になる必要もありませんから、手間が小さくなる訳です。手間が大きいか小さいかという点も、買取と下取りの違いになります。

下取価格を少しでも高くするには?

下取り価格は、高くする事は可能です。まず純正パーツの有無などは、1つのポイントになります。

 

パーツは純正品に戻しておく

そもそも人によっては、車のパーツ付け替えを行っている事があります。しかし下取りでは、それはマイナスになるのです。あくまでも純正パーツの方が、ディーラー店では高く評価されるからです。したがってパーツ付け替えを行った時には、純正品にチェンジしておく方が、高く売却できる傾向があります。

 

説明書などは全て用意する

それと車を購入した時には、説明書などが添付されていたはずです。それを提示する方が良いのです。また修理などを行った時には、それも手帳に記録されている筈です。修理手帳なども、ディーラー店に対して提示する方が良いのです。
実はそれらの書類がなくても、下取りを行う事自体は可能ではあります。しかし金額が少し低くなってしまうケースが目立ちますから、高額売却を目指すならば、説明書などは提示する方が良いです。

 

車はできるだけ大事に取り扱う

それと普段からの心がけなども、下取り価格には関わってきます。そもそも車に多くの傷などが付いていると、やはり価格は下がってしまう傾向があるのです。したがって普段から安全運転を心がけて、車に対する傷などを防ぐ姿勢が望ましいです。
それと臭気に関する要素です。車に対してタバコ臭などが付着したままですと、下取り価格は下がってしまう傾向があるのです。できればタバコなどは車内で控えつつ、普段から脱臭を行っておくと、下取り価格は高くなる傾向があります。

このページの先頭へ